原村産のシクラメン


今年も原村産のシクラメンがピークを迎えました。
全国的に見ると春から秋まで気温が高かったため品質が悪い産地が多いようです。
標高1000メートルの原村はほとんど影響が無く、今年もすばらしいシクラメンが揃いました。


朝夕の寒暖差と低湿気、日照時間が長い原村はシクラメンをはじめ花の生産には最高の条件がそろっています。
ただ出荷が前進しているので早めに買い求められた方が良いかと思います。
上手に育てれば来年4月頃まで咲き続けるケースもあるようです。

前の記事

紅葉ライド